新興市場銘柄ダイジェスト:ウチダエスコは大幅に5日続伸、リプロセルが大幅続落

 リプロセル 367 -39
大幅続落。第三者割当で新株予約権14万5000個(潜在株式数1450万株)を発行すると発表した。割当先はSMBC日興証券。調達資金の約53.9億円は新規パイプラインの導入及び治験に係る費用のほか、運転資金などに充てる。発行済株式総数7166万7391株(3月31日現在)に対する潜在株式数の割合が20.23%に達することから、将来的な株式価値の希薄化を懸念した売りが優勢となっている。

 テックポイント 2077 +114
大幅反発。6月末の普通株式有価証券信託受益証券(JDR)の保有者を対象に、申請した中から抽選で100人にテックポイント・インクの車載用半導体を採用する国内メーカー製のドライブレコーダー(前後2カメラタイプ)を進呈すると発表した。中長期的な保有者の増加のほか、自社の半導体製品が車載機器分野で拡大していることを周知する狙い。優待制度は今回のみ実施するもので、次期以降は未定という。

 エーアイ 1688 +29
大幅反発。綜合キャリアグループ傘下の学生就業支援センター(東京都港区)が提供する採用支援メディア「合説オンデマンド」でエーアイの高品質音声合成エンジンAITalkが採用されたと発表した。合説オンデマンドは企業の採用説明会の動画をオンデマンドで視聴し、オンライン上で企業研究ができるメディアである。これを材料視した買いが向かっているようだ。

 イメージワン 815 +50
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク