KADOKAWA---1Qは2ケタ増収増益、連結営業利益では四半期ベースで過去最高を達成

KADOKAWAは7月30日、2022年3月期第1四半期(21年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比10.7%増の520.34億円、営業利益が同63.9%増の58.69億円、経常利益が同59.5%増の61.44億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同63.9%増の40.23億円となった。なお、「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当第1四半期の期首から適用しており、対前年同四半期増減率の算出にあたり前年同四半期の業績は収益認識会計基準等の適用前の金額を用いている。

出版事業の売上高は前年同期比9.8%増の321.29億円、セグメント利益(営業利益)は同151.3%増の53.87億円となった。書籍市場全体が新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けた前年から回復していることに加え、新刊の制作が順調に進捗していることや、前年に引き続き返品率が大幅に良化していることが収益貢献した。電子書籍・電子雑誌は、市場全体の高成長が継続していることに加え、映像化作品に対する需要の高まりや自社ストアであるBOOK☆WALKERにおける新規ユーザー数の増加により好調に推移した。

映像事業の売上高は前年同期比59.2%増の89.03億円、セグメント利益(営業利益)は10.38億円(前年同期は2.61億円の損失)となった。アニメや実写映画の配信による収入に加え、同社アニメIPの他社ゲームへの活用による権利許諾が引き続き収益貢献した。またデジタル映画鑑賞券「ムビチケ」やスタジオ事業等では、一部で新型コロナウイルス感染症拡大による映画館休業の影響が見られたものの、前年の水準からは大幅に回復している。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク