Abalance---21年6月期は大幅な増収増益、太陽光パネル製造事業が大きく業績に寄与

Abalanceは16日、2021年6月期連結決算を発表した。売上高は前期比302.8%増の269.01億円、営業利益は同276.5%増の13.61億円、経常利益は同315.6%増の12.69億円、親会社株主に帰属する当期期純利益は同154.4%増の5.37億円となった。

決算同日発表にて業績の上方修正と共に、未定としていた2021年6月期の期末配当金について、1株当たり10.00円とすることを発表したほか、来期以降の中長期的なグループ事業の計画を「(仮題)中長期計画」として公表する予定であるとしている。

来期の業績予想については、主力セグメントであるグリーンエネルギー事業、太陽光パネル製造事業が連結業績を主導する連結グループ予算を想定し、新たな取り組みとして、グループのバーディフュエルセルズ合同会社において、エネルギー貯蔵システムの開発を今後実施していく計画としている。
グリーンエネルギー事業の売上高は前期比15.0%減の53.11億円、セグメント利益は同23.1%増の10.05億円となった。当年度中には、花畑太陽光発電所の一部区画、角田市太陽光発電所、福島市大波太陽光発電所などが売電を開始した。2021年2月には、BLESSの買収を通じて、神戸市に所在する発電所に係る権利を取得している。売電収入のほか、O&M収入も安定収益源として定着。海外事業では、東南アジアの旺盛な電力需要に対して、現地
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク