新興市場銘柄ダイジェスト:リプロセルは大幅に続伸、プロルートがストップ安

 プロルート 480 -100
ストップ安。特段の売り材料は出ていないが、利益確定売りに押されている。連結子会社が日本での開発展開を担う中国ヴァゼム社の新型コロナウイルス治療薬の元となるモノクローナル抗体産生細胞株について、安全に国外移管を行えるシミュレーションが完了したと16日に発表。これを受けて同社株は17日に年初来高値(730円)まで上伸したが、その後はいったん材料が出尽くしたとの見方もあり、急速に値を下げている。

 ホットマン 645 -23
朝高後、後場にマイナス転換。新たにシャトレーゼ事業を開始すると18日午後に発表し、引き続き材料視された。シャトレーゼ(甲府市)は菓子製造・販売会社で、同社と加盟店基本契約(フランチャイズ契約)を締結して店舗を展開し、イエローハット店舗とのシナジー効果を高める。既に仙台市のイエローハット店近くでの出店申請が許可されたという。開店日は21年末頃を計画している。

 弁護士コム 6130 +220
大幅続伸。クラウド型不動産管理・業務支援システムを運営するいえらぶGROUP(東京都新宿区)と業務提携すると発表している。弁護士ドットコムが提供するクラウド契約サービス「クラウドサイン」で「いえらぶ電子契約」サービスの提供を開始する。デジタル改革関連法の施行で不動産業界での押印廃止や書面電子化の範囲が拡大することから、新たなサービス提供で電子契約の準備を進める不動産管理会社の利用を促す。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク