クロスマーケ Research Memo(4):成長期のStage3は「DX Action」を実践

■中期経営計画

1. 長期ビジョンと中期経営計画の位置づけ
クロス・マーケティンググループは、「未来をつくろう。」という理念のもと、「「生活者のWhy(なぜ)の解明」を通して、戦略立案からマーケティング施策の実践までを支援し、パートナーとして顧客のビジネスを成功に導く」という長期ビジョンを描いている。こうした長期ビジョンを実現するため、持株会社制移行後の同社は事業Stageごとに中期経営計画を策定し実行してきた。2015年12月期~2018年12月期のStage1は第二創業期として、「アジアNo.1リサーチカンパニー」を目指してグローバル展開を推進し、Stage2の2019年12月期~2021年6月期では変革期として、「ガバナンス強化」と「筋肉質」を掲げ東証1部上場を果たすとともにコロナ対応を進めてきた。そして2021年6月期~2024年6月期のStage3は成長期という位置づけで、「マーケティングDXパートナー」となってビジネスのDXを実践(「DX Action」)し、「Triple Three(後述)」を目指していく計画である。こうしたStageを足場に、2025年以降、さらに大きな飛躍をしていこうという考えである。

2024年6月期に売上高300億円、営業利益30億円を目指す
2. 中期経営計画「DX Action 2024」
同社は長期ビジョンに基づき、Stage3(2022年6月期~2024年6月期)を対象に中期経営計画「DX Action 2024」を策定した。中期経営計画「DX Action 2024」では、時代の大きな変化に適応できる「マーケティングDXパートナー」となって成長し、売上高300億円、営業利益30億円、時価総額300億円の「Triple Three」を達成する計画である。そのためにも足元で成長するためのドライバーが必要となるが、これまでのStageでM&Aや新規事業などによってグループに資産を蓄積しインフラ基盤を構築してきている。こうした資産・インフラ基盤を有機的かつ効率的に活用することで成長ドライバーとし、シナジーを最大化して成長につなげていく考えである。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク