クロスマーケ Research Memo(5):「Triple Three」の達成を目的に重要戦略を実行

■クロス・マーケティンググループの中期経営計画

4.「DX Action 2024」における重要戦略
中期経営計画「DX Action 2024」における重要戦略は、グループの資産・インフラ基盤を有機的かつ効率的に活用してシナジーを最大化すること、デジタルマーケティング事業など各事業の拡張と進化、及び新規事業やM&A、グローバル、人材といった全体戦略である。

(1) 資産・インフラ基盤の有機的・効率的活用
グループの資産・インフラ基盤の有機的・効率的活用は、パネルに関することとDXに関することに分けられる。パネルに関しては、5,000社/72,000窓口の顧客基盤によるCRMデータの統合や、2,000属性/800万人のプロモーションネットワークの共有化などを通じ、シナジーをより高め、顧客サービスやDXを強化加速する方針である。DXに関しては、AIをビジネスに活用していく方針である。すでに一部スタートしているサービスだが、オープンデータのリサーチにAIを活用して自動化を進めている。AIによって、キーワードからアンケートのベースを作成したり、アンケートデータから不当回答を自動的に排除したりすることもできる。さらに、グループの資産・インフラ基盤の有機的・効率的活用を通じて、新たなビジネスモデルの構築も追及していく考えである。ちなみに、同社にはデータによる消費者分析に長けているリサーチャーが国内外に300人いるが、こうした人的資産を、システム構築やデジタルマーケティングなど顧客のソリューションニーズにあわせて組み換え、グループの統合ソリューション組織を構築する計画である。これにより、グループの各種サービスに横串を入れて提案・販売することができるようになる。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク