パイプドHD---ローコード開発プラットフォーム「SPIRAL(R)ver.2」を大幅アップデート

パイプドHDは14日、子会社のパイプドビッツがローコード開発プラットフォーム「SPIRAL(R)ver.2」の新バージョン2.18を2021年11月30日より提供開始すると発表。
「SPIRAL(R)ver.2」は、Webサイトの作成から登録データの運用までワンストップでできる機能を揃えたローコード開発プラットフォーム。
新機能「PHP実行環境」「DBトリガ」「認証API」の実装により、スパイラルユーザーは、今まで以上に複雑な処理を実行するWebアプリの開発や、CMS連携がしやすくなるという。同社によると開発者向け機能を大幅に強化することで、「SPIRAL(R)ver.2」は、多くのスパイラルユーザーが快適に利用できるローコード開発プラットフォームに進化したとしている。

編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク