富士電機---急伸、市場想定を上回る業績上方修正を好感

富士電機は急伸。前日に第2四半期決算を発表、7-9月期営業利益は110億円で前年同期比3.8倍となり、市場予想を15億円程度上振れる着地になった。また、通期計画は従来の600億円から670億円、前期比37.9%増に上方修正、コンセンサスの640億円を上回る水準に。現行の為替水準が続けばさらなる上振れも想定されているようだ。主力事業の収益見通しを揃って引き上げている。未定としていた上半期配当金は前年同期末比5円増の45円に引き上げ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク