ホンダ---売り優勢、鈴鹿製作所の12月生産台数下振れ見通しと伝わる

ホンダは売り優勢。鈴鹿製作所の12月の生産台数が当初計画に比べ約1割減る見通しを明らかにしたと伝わっている。新型コロナウイルスの感染再拡大の影響で、半導体など東南アジアで作る部品の調達が滞っているもよう。国内全体での生産はほぼ計画通りとなるようだが、新型コロナ変異型「オミクロン株」出現による部品調達の不透明感は今後も続くとの見方につながっているようだ。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ホンダ」に関する記事

「ホンダ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「ホンダ」の記事

次に読みたい「ホンダ」の記事をもっと見る

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク