東エレク---急伸、マイクロンの好決算受けて半導体関連が買い優勢

東エレクは急伸。前日の米SOX指数は下落しているが、引け後に決算発表を行ったマイクロン・テクノロジーが時間外取引で急伸しており、本日の国内半導体関連株の買い材料につながっている。マイクロンの第1四半期売上高は76.9億ドルで前年同期比33%増、コンセンサスを上回る水準。また、第2四半期売上高の見通しも73-77億ドルで下限値が市場予想の72億ドルを上回っている。データセンター向けなどの需要増加で、主力のDRAMの販売が好調のもよう。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク