村田製

約120億円を投じ生産子会社である出雲村田製作所のイワミ工場に積層セラミックコンデンサー(MLCC)の生産棟を新設すると報じられている。5Gの進展やEVの普及で、中長期的に拡大するMLCC需要に対応すると伝えられている。稼働に合わせ、現地を中心に新卒と中途を合わせ20人程度を新規で採用する計画のようである。株価は昨年来安値を更新するなか、リバウンドに期待したいところ。

アルチザ

2月24日につけた安値983円をボトムにリバウンドを強めており、マドを空けての上昇から3月4日には1380円まで上昇した。その後は利食いに押されているものの、75日線までの調整を経て、リバウンドが意識されそうだ。一目均衡表では雲を一気に上放れ、その後の調整では雲上限が支持線として意識されている。遅行スパンは実線を上放れ、上方シグナルを発生させている。