銘柄名16日終値⇒前日比
Link−U 699 -84
上半期は営業減益に転落。

アスクル 1473 -104
第3四半期営業増益率は鈍化へ。

スノーピーク 2775 -86
2月の国内直営チャンネル販売鈍化をマイナス視。

テスホールディングス 1447 -61
15日にかけ大幅上昇の反動で戻り売り優勢。

日揮HD 1527 -50
短期的な過熱警戒感から利食い売り優勢にも。

イーレックス 1729 -80
再生エネ関連には全般利食い売りが優勢。

群馬銀行 366 -11
16日は地銀株で軟調な動き目立つ。

クレディセゾン 1298 -33
SMBC日興証券では目標株価引き下げ。

日本航空 2235 +110
GoToトラベル再開に期待が高まる。

フレンドリー 600 +120
株主優待制度の再開を引き続き材料視。

鉄人化計画 384 +58
リオープニング関連の一角としてリバウンド基調強める。

Abalance 3030 +380
出資ベトナム企業の上場期待などはやして値幅取りの動き。

JTOWER 3610 +245
22年3月期の純利益を従来の2.80億円から5.20億円に上方修正。

サン電子 1866 +160
未定としていた22年3月期の営業利益予想を14.00億-15.00億円と発表。

セレスポ 1475+300
22年3月期の営業利益予想を22億円から58億円に、期末配当も50円から100円に増額。

アールプランナー 1379 -168