ワキタは大幅反発。先週末に22年2月期の決算を発表、営業利益は55.1億円で前期比1.5%増益となり、従来予想の57億円を若干下回る着地になっている。23年2月期は60億円で同9.0%増益の見通し。決算数値へのインパクトは限定的だが、発行済み株式数の3.85%に当たる200万株、20億円を上限とする自社株買いの実施を発表、買い材料視されているようだ。また、25年2月期営業益80億円を目指すなどの中期計画も発表している。