■ドラフトの株主還元策

利益配分については、将来の事業展開と経営体質の強化のために必要な内部留保を確保しつつ、配当を継続して実施していくことを基本方針とする。2021年12月期は1株当たり5.0円(配当性向8.1%)の配当を実施する。次期の配当についても5.0円の配当を予定しており、収益成長による企業価値の向上と配当金の増額により株主に報いていく方針を明確に示している。

■株主優待制度の新設

2021年10月に、同社株式の中長期的な保有推進を目的として株主優待制度が新設された。毎年12月末日の株主名簿に記載・記録された保有株主を対象とし、保有株式数に応じて同社がデザインしたQUOカードを贈呈する。QUOカードのデザインは定期的に変更することも検討しており、同社のデザインを知ってもらう機会でもあると捉えている。株主優待内容としてQUOカードは個人投資家に人気があることから、同社株式を中長期的に保有する株主は、増加傾向に進むであろうと弊社では見ている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 欠田耀介)