イーグル工業は急伸。前日に発表した22年3月期業績予想の上方修正が買い材料視されている。営業利益は従来予想の58億円から78億円、前期比34.4%増に引き上げ。顧客の自動車生産台数が想定を上回る推移となったほか、舶用業界向けの需要も好調だったもよう。また、年度末にかけての急激な円安も支援になったようだ。第3四半期までの進捗状況から上振れ期待はあったとみられるが、株価が安値圏に放置されていた中、ストレートに評価の動きに繋がっている。