サインポスト<3996>は3日、JR東日本<9020>の子会社のJR東日本スタートアップと設立したTOUCH TO GO(TTG)が開発した無人決済システムが、2日に大阪市北区に所在する医療施設内に開業したファミリーマートTouch To Go i-Mall(タッチトゥーゴー アイモール)店に採用されたことを発表。

同店は、店舗面積は約15平方メートルで、約400種類の品目を取り扱う。
バーコード決済、交通系電子マネー、クレジットカード、現金での支払いが可能である。同無人決済システムにより、同施設内の従業員の時間節約ニーズに応え、利用者の便利性向上を目指す。