[注目トピックス 日本株]メディカルシステムネットワーク Research Memo(3):中小規模の調剤薬局を中心に生産性向上と価格交渉力を提供

*19:03JST メディカルシステムネットワーク Research Memo(3):中小規模の調剤薬局を中心に生産性向上と価格交渉力を提供
■会社概要

(2)セグメント別概要

○医薬品等ネットワーク事業

創業時からの事業で、メディカルシステムネットワーク<4350>と子会社1社(システム・フォー)で運営している。同事業は、調剤薬局や医療機関と医薬品卸売会社間の医薬品売買を仲介することにより、医薬品流通過程の効率化を支援するビジネスモデルとなっている。同社のネットワークに加盟することで、加盟店が医薬品卸売会社との間で日々行っていた発注・決済業務を同社が代行して一括で行ってくれるサプライチェーンマネジメントサービスのほか、デッドストックエクスチェンジサービス(不動在庫消化サービス)や薬剤師教育サポート、資金調達サポートなどのサービスも含まれている。

サプライチェーンマネジメントサービスでは日々の発注業務や決済業務、在庫管理だけでなく、価格交渉の代行も行っている。同社が開発した受発注システム「O/E system (Order Entry System)」を導入することで、加盟店における担当部署の生産性向上が図られるほか、価格交渉面においても個々の薬局が個別で行っていた交渉を同社が一括して行うため、従前よりも有利な条件で仕入れることができるといったメリットが生じる。

デッドストックエクスチェンジサービス(不動在庫消化サービス)とは、加盟店同士で個々の店舗においてデッドストックとなっている在庫を互いに融通しあい、薬剤廃棄ロスを効率的に削減できるシステムである。

薬剤師教育サポートサービスでは、薬剤師のスキルアップのため全国で集合研修を月間30~40回実施しているほか、e-ラーニング研修も行っている。また、資金調達サポートサービスとして調剤報酬債権証券化サービスを行っている。これは調剤薬局の売上債権回収期間が約2ヶ月と長いことから、その間の資金面でのサポートを行うことを目的に債権証券化のスキームを活用したもので、このシステムを利用すると売上回収期間が約1ヶ月短縮できるといったメリットが生じる。

その他、調剤薬局向けに設置するレセプトコンピュータシステムや「O/E system」、周辺機器などの開発・販売・保守や調剤機器、什器、備品などの販売業務を行っている。

なお、こうした医薬品ネットワークサービスの対象顧客は、1社で20店舗以下の店舗を運営する中小規模または個人の調剤薬局が中心となっている。2013年9月末時点での、ネットワーク加盟店舗数は自社グループ、外部加盟店合計で1,085店舗(病・医院27件含む)となり、年々拡大している。エリア別では、創業の地である北海道と関東・甲信越エリアで全体の約半数を占めており、次いで、近畿、東海・北陸地方の順となっており、現在は43都道府県とほぼ全国エリアで展開している。

なお、同事業の売上高としては加盟店舗の医薬品発注高に応じて発生する発注手数料とシステム販売で大半を占めている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2013年12月3日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。