[注目トピックス 日本株]JBR Research Memo(11):事業拡大によって財務体質は若干悪化、収益性は向上

*18:22JST JBR Research Memo(11):事業拡大によって財務体質は若干悪化、収益性は向上

■財務状況

(2)財務状況と経営指標

ジャパンベストレスキューシステム<2453>の2013年9月末の財務状況、並びに主要経営指標は表の通りとなっている。総資産残高は前期末比で2,782百万円増の12,422百万円となった。バイノスの子会社化を主因として流動資産(売上債権で1,768百万円増)や有形固定資産(機械装置・運搬具で521百万円増)が増加したのが要因となっている。一方、負債も同様にバイノスの子会社化によって有利子負債が1,642百万円増加の6,133百万円となったほか、長期前受収益も389百万円増の1,123百万円となった。この結果、経営の安全性を示す指標である自己資本比率は28.3%から21.8%へと低下した。収益性に関しては営業利益率が若干低下したが、ROA、ROEともに前期比で改善している。事業の拡大によって財務体質は若干悪化したが、収益性は向上したことになる。また、財務体質に関しては、前述したように今回の株式売出しによって大幅に改善される見込みとなっている。


(執筆:フィスコ客員アナリスト佐藤 譲)


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2013年12月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。