[注目トピックス 日本株]ソフトブレーン Research Memo(12):スマートデバイスの普及が今後の追い風要因に

*17:20JST ソフトブレーン Research Memo(12):スマートデバイスの普及が今後の追い風要因に
■今後の見通し

(1)2014年12月期見通し

ソフトブレーン<4779>の2014年12月期の連結業績は、売上高が前期比8.7%増の4,800百万円、営業利益が同7.6%増の530百万円、経常利益が同7.6%増の530百万円、当期純利益が同36.1%減の250百万円となる見通し。販売・マーケティング戦略における企業の改革意識の高まり、及びスマートデバイスの普及が「eセールスマネージャー関連事業」を中心に追い風になるとみられる。

主力の「eセールスマネージャー関連事業」「フィールドマーケティング事業」が順調に伸びることに加えて、システム開発事業の黒字化が見込まれることなどが営業利益の増加要因となる。システム開発事業の損失がなくなるだけで56百万円の増益要因となることから、会社計画は上振れの可能性があると弊社ではみている。

当期純利益は減益となる見込みだが、これは負担の正常化に加えて、ソフトブレーン・フィールド(出資比率58%)の収益拡大によって、少数株主持分利益も前期から増加することが要因となっている。


(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《NT》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年3月5日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。