[注目トピックス 日本株]アールテック・ウエノ Research Memo(1):アミティーザが国内、米国市場で伸張し好調決算

*19:37JST アールテック・ウエノ Research Memo(1):アミティーザが国内、米国市場で伸張し好調決算
アールテック・ウエノ<4573>は眼科・皮膚科向けに特化した創薬ベンチャー企業。緑内障・高眼圧治療薬である「レスキュラ(R)点眼液」の製造販売、便秘症治療薬「アミティーザ(R)カプセル」の受託製造など既に収益化している事業があり、創薬にかかる開発費や安定配当を継続できるだけの収益力、財務体質を確立していることが同社の特徴だ。

2014年3月期の業績は、「アミティーザ」が国内、米国市場で伸びたことで、売上高が前期比23.4%増、経常利益が同65.9%増と好調な決算となった。続く2015年3月期は国内向けに「アミティーザ」の拡大が続くものの、「レスキュラ」の減収や治験費用の増加などにより、売上高は前期比2.6%増、経常利益は同2.9%減と前期並みの水準が見込まれる。

2015年3月期は、今後の業績をけん引するであろう2つの新薬が、事業化に向けて大きく動き出す見通しだ。網膜色素変性治療薬として開発中の「ウノプロストン点眼液(開発コードUF-021)」は2015年春に国内で第3相試験の結果が明らかとなる見通しで、良好な結果が得られれば製造販売承認申請し、2017年3月期にも発売が見込まれる。国内の市場規模はピーク時で2,000百万円程度が想定されている。一方、米国では重症ドライアイ治療薬として開発中の「遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液(開発コードRU-101)」は、2014年秋にも前期第2相試験の結果が明らかとなる見通しで、同データを持ってライセンスアウトに向けた本格交渉に臨む予定となっている。早ければ2015年春にも契約が締結される見通しである。これら2つの新薬がスケジュールどおりに進んだとすれば、2019年3月期には売上高で7,000百万強、経常利益で2,000~2,500百万円程度まで拡大する可能性があるだけに、その動向が注目されよう。

■Check Point
・「アミティーザ」の販売が好調で2014年3月期は大幅増収増益
・利益の最大化、株主価値の最大化を目指す
・現預金が6,000百万円を超える強固な財務体質を維持

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年6月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら