[注目トピックス 日本株]アールテック・ウエノ Research Memo(6):2つの有望な新薬の治験を進行中

*19:41JST アールテック・ウエノ Research Memo(6):2つの有望な新薬の治験を進行中
■新薬開発動向

現在、アールテック・ウエノ<4573>は網膜色素変性治療薬として開発中の「ウノプロストン点眼液(UF-021)」と重症ドライアイ治療薬として開発中の「遺伝子組換え人血清アルブミン点眼液(RU-101)」の、2つの有望な新薬の治験を進めており、両開発とも今期中に治験結果が判明する予定となっている。このため、同社の今後の収益成長を見るうえで今期は重要な1年と言えそうだ。また、次世代の開発パイプラインとしてアトピー性皮膚炎の治療薬として開発中の「VAP-1阻害剤(RTU-1096)」、あるいは「ウノプロストン(UF-021)」の加齢黄斑変性治療薬としての適応の可能性も見えてきている。以下、それぞれの開発品の動向について簡単に紹介する。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年6月20日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら