[注目トピックス 日本株]ソーバル Research Memo(1):コストアップ要因をこなし2Q業績は当初計画を上振れ

*17:14JST ソーバル Research Memo(1):コストアップ要因をこなし2Q業績は当初計画を上振れ
ソーバル<2186>は、2014年9月30日に2015年2月期の第2四半期(2014年3月-8月期)連結決算を発表した。本社移転と人員増強というコストアップ要因があったにも関わらず、売上高・利益ともに当初計画を上回る着地となった。主力のファームウェアの開発受託が想定以上に伸びたことが主な要因となった。もともと案件が豊富にあったことに加え、本社の移転に伴い、今まで分散していた技術者が本社オフィスに集約され、より多くの受注をこなせるようになった。子会社の(株)MCTECも構造改革によって黒字化し、収益貢献できるようになった点も大きい。また、独自の教育制度によって、新卒社員のほぼ全員が入社1年以内に収益貢献できる体制が整い、新卒社員がコスト増の要因になりにくくなっている点も見逃せない。

同社は経営の基本方針として「安定成長の継続」を掲げているが、今後もこの基本方針を持続できる可能性が高い。上記のような増収・増益要因が継続すると考えられるほか、長年のソフト開発の成果によって顧客から高い信用を得ており、最近は高い利益率も見込める付加価値の高い開発案件が持ち込まれるケースが増加しているためである。従来の主要顧客であるキヤノン<7751>以外の顧客からの受注も拡大し、特定の顧客に依存するリスクも低下傾向にある。

あえて課題を挙げるとすれば、足元では、優秀な人材の確保であろう。景気の回復に伴い、優秀な新卒者の確保が難しい状況になりつつある。同社では、これに対応すべくインターンシップを開始した。2015年春の新卒者採用数は、前年比31名増の80名を目標としており、できる限り目標に近い採用を目指している。

中長期的な課題としては、新規事業の育成である。これは、成長速度を加速させるための要となる。同社はM&Aによる新規事業への進出を基本戦略としており、分野としては、医療、自動車、航空・宇宙の3分野を掲げている。特に現在は医療分野でのM&Aに注力している。有利子負債ゼロに加え、18億円近い潤沢なキャッシュを持つことから、売上高で3~20億円程度の企業の買収を年に1件のペースで進めていく方針を継続する。

なお、2015年2月期通期の業績予想は据え置いたが、本社移転による業務の効率化はまだまだ進む状況にあり、想定外のリスクや、M&Aによる固定費増などのコストアップ要因が発生しない限り、業績が予想を上振れる可能性が極めて高いと言えよう。配当性向も従来の30%から35%に上げ、利益成長に伴う増配の期待も高まるだろう。

■Check Point
・高付加価値案件の増加で営業利益率は7%台の水準を維持
・特定顧客の比率は低下傾向、顧客層の拡大は着実に進展
・通期業績予想は据え置き、本社移転効果はさらに進む余地も

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柄澤 邦光)



《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年10月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら