[注目トピックス 日本株]ソーバル Research Memo(4):高付加価値案件の増加で営業利益率は7%台の水準を維持

*17:21JST ソーバル Research Memo(4):高付加価値案件の増加で営業利益率は7%台の水準を維持
■2015年2月期第2四半期連結決算

(2)業績の分析

(b)利益

ソーバル<2186>は、事業セグメント別の営業利益を公表していない。しかし、連結ベースでの売上高営業利益率は7.8%と、同社が安定成長に欠かせないとしている7%台をキープしているうえに、2ケタ成長を達成した2014年2月期通期とまったく同じ水準を維持している。

これは、業績の概要でも触れたが、本社移転に伴う業務効率の向上による売上高の増加と、利益率の高い、高付加価値の案件が従来以上に増加している点が大きい。高付加価値案件が増加している理由は、顧客である電機メーカー間の競争激化により、製品性能の大幅な向上を図ることのできるファームウェア開発の必要性が増大しているためである。

(c)財務状況

一方、財務状態は相変わらず、極めて良好。有利子負債はゼロを堅持し、連結の自己資本比率も73.0%と極めて高い水準を維持している。

さらに、現金及び預金の2015年2月期第2四半期(2014年3月-8月期)末残高も1,796百万円と、2014年2月期末に比べて21.6%も増加している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柄澤 邦光)



《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年10月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら