[注目トピックス 日本株]伊藤忠エネクス Research Memo(9):成長投資のための内部留保と安定配当を両立させる方針

*17:06JST 伊藤忠エネクス Research Memo(9):成長投資のための内部留保と安定配当を両立させる方針

■株主還元

伊藤忠エネクス<8133>は株主還元について、配当によることを基本としている。成長投資のための内部留保と株主に対する継続的かつ安定的な配当を両立させることを基本方針としながらも、連結配当性向30%以上を配当の指針として掲げている。

30%の配当性向は「指針」であって「公約」ではない。しかし、過去の配当の実績を見ると、同社の安定配当に対するこだわりと株主重視の姿勢が伝わってくる。2014年3月期に引き続き2015年3月期も1株当たり利益が高い水準であるため、配当性向30%の指針を遵守するため増配が予定されている。2016年3月期以降も電力事業やカーライフ事業など、緩やかながらも収益の拡大が期待される中、配当性向30%という指針が増配の期待を高めるという、ポジティブスパイラルの状況に入ってきたと言えよう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川 裕之)


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2014年12月15日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。