[注目トピックス 日本株]木徳神糧 Research Memo(1):米穀業界2強の一角、利益面が大幅な回復で上振れ余地も

*18:32JST 木徳神糧 Research Memo(1):米穀業界2強の一角、利益面が大幅な回復で上振れ余地も
木徳神糧<2700>は、米穀の販売を主力とする食品卸会社である。米穀以外には、鶏卵、加工食品、飼料などを扱っている。2014年12月期決算は、売上高が106,099百万円(前期比8.2%減)、営業利益1,131百万円(前期は912百万円の損失)、経常利益1,089百万円(同930百万円の損失)、当期純利益683百万円(同546百万円の損失)となった。各利益はいずれも期中での上方修正をさらに上回る好結果となった。

2015年12月期は、売上高103,800百万円(前期比2.2%減)、営業利益830百万円(同26.7%減)、経常利益780百万円(同28.4%減)、当期純利益500百万円(同26.8%減)と予想されている。主力の米穀事業は前年に引き続き数量減が見込まれること、仕入れ・販売価格が低位で推移していること、2015年産米の価格が不透明であることなどから減収・減益予想となっている。ただしかなり堅めの予想であり、海外事業の収益拡大、食品事業の採算改善等が見込まれていることなどから上方修正の可能性はありそうだ。

国内の米穀消費全般は低下傾向にあるが、同社は大手の量販店、外食チェーン、コンビニエンスストアなどの優良販売先を抱えており、売上を伸ばす可能性はある。またTPP(環太平洋戦略的経済連携協定)の展開を含めて、日本の農業政策が曲がり角を迎えているなかで、同社のような大手米卸の存在意義は一段と高まっている。今後は国内外で同社のビジネスチャンスが拡大する可能性が高く、今後の動向が注目される。

■Check Point
・14/12月期は期中の予想修正をさらに上回る利益確保
・世界中に日本米・日本食の素晴らしさを発信し中期目標を目指す
・農業政策の変化が事業拡大のチャンスに

(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)


《FA》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2015年3月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。