[注目トピックス 日本株]芙蓉総合リース---ANAが日本で初めて導入する仏エアバス社製の新造航空機「A321neo」のリース契約を締結

*15:34JST 芙蓉総合リース---ANAが日本で初めて導入する仏エアバス社製の新造航空機「A321neo」のリース契約を締結
芙蓉総合リース<8424>は2日、ANAホールディングス<9202>が日本で初めて導入する仏製エアバス社製の新造航空機「A321neo」4機のリース契約を締結したことを発表した。

neoは「new engine option」の頭文字である。プラット・アンド・ホイットニー社製の最新型エンジンを搭載し、従来機に比べ燃費効率が約15%向上している。

リース契約をした4機のうちの1機目は、既に2017年9月からリースを開始しており、ANAホールディングスの中核会社である全日本空輸のネットワーク路線で運行されている。

同社は、新中期経営計画「Frontier Expansion 2021」の戦略分野としている航空機リースおよびその周辺分野への領域拡大に向け、今後も積極的に航空機ビジネスに取り組んでいく考え。

《MW》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2017年11月6日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。