[注目トピックス 日本株]日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は小幅続伸、ユニファミマとKDDIで16円の押し上げ

*19:40JST 日経平均寄与度ランキング(大引け)~ 日経平均は小幅続伸、ユニファミマとKDDIで16円の押し上げ
16日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり143銘柄、値下がり76銘柄、変わらず6銘柄となった。

日経平均は小幅続伸。前週末の米国市場では、複数の大手行決算が好感されたことで買いが先行。しかし、米英仏によるシリアへの軍事攻撃に対する懸念から引けにかけて下落に転じ、NYダウは122ドル安と反落、為替も1ドル=107円台の水準を維持した。ただし、米英仏によるシリア攻撃に対する本日の東京市場の反応はアク抜けといった格好だった。為替も107円台で推移していることから、日経平均株価は買い先行でスタート。一時マイナス転換する場面はあったものの、終日小高く推移。日米首脳会談を控えていることもあり、完全なアク抜けといった格好にはなりにくかったようだ。

大引けの日経平均は前週末比56.79円高の21835.53円となった。東証1部の売買高は13億1043万株、売買代金は2兆388億円だった。業種別では、医薬品が2%台の上昇、水産・農林、電気・ガス、小売、食料品、倉庫・運輸関連が上昇率上位で、内需・ディフェンシブセクターの買い戻しが中心。一方、下落率上位は、原油市況の上昇一服で石油・石炭がトップだが、証券、その他製品、非鉄金属、保険、金属製品、海運、不動産と続いた。

値上がり寄与トップはユニファミマ...続きを読む

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年4月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。