[注目トピックス 日本株]ドーン Research Memo(3):18/5期は3年連続増収増益。過去最高売上、高い営業利益率(19.5%)を達成

*17:25JST ドーン Research Memo(3):18/5期は3年連続増収増益。過去最高売上、高い営業利益率(19.5%)を達成
■業績動向

1. 2018年5月期通期の業績概要
ドーン<2303>の2018年5月期通期の売上高は836百万円(前期比6.2%増)、営業利益162百万円(同29.3%増)、経常利益166百万円(同27.1%増)、当期純利益114百万円(同27.1%増)と増収増益となった。売上高に関しては、「NET119緊急通報システム」をはじめとする防災・防犯関連のクラウド利用料収入が順調に増加したのに加え、クラウド案件の初期構築や鉄道の走行動画閲覧・検索システム等の受託開発が堅調に推移し、過去最高の売上高となった。利益に関しては、増収効果に加え、地図などの仕入れが減少し売上総利益率が2.5ポイント上昇。営業利益率は19.5%と高い水準に達する。全体として3年連続の増収増益と好調を維持した。


無借金経営により健全な財務体質を維持。収益性各指標が向上
2. 財務状況と経営指標
2018年5月期末の総資産は前期末比115百万円増の1,510百万円となった。うち流動資産は189百万円増であり、主な増加は現金及び預金の193百万円増である。うち固定資産は73百万円減であり、主な減少は投資その他の資産の71百万円減である。

負債合計は前期末比18百万円増の176百万円となった。これは預り金、未払金及び長期前受収益が増加したことが主な要因である。有利子負債はなく、無借金経営を継続している。

経営指標では、流動比率1,006.0%、自己資本比率が88.3%と非常に高く安全性に優れる。収益性の各指標(ROA:総資産経常利益率、ROE:自己資本当期純利益率、売上高営業利益率)はすべて前期から上昇した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)


《TN》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年8月7日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら