[注目トピックス 日本株]HAPiNS---積極的な出店や商品と品揃えの改編を推進し、1Qは大幅な増益を達成

*21:05JST HAPiNS---積極的な出店や商品と品揃えの改編を推進し、1Qは大幅な増益を達成
HAPiNS<7577>は10日、2019年3月期第1四半期(2018年4月-6月)決算を発表した。売上高は前年同期比12.7%増の22.82億円、営業利益は同229.4%増の0.49億円、経常利益が同114.7%増の0.33億円、四半期純利益が0.17億円(前年同期は0.04億円の損失)となった。

前年度から行っている積極的な新規出店により、前年度を上回る売上を確保した。また、商品と品揃えの改編を推し進めた結果、粗利益が大幅に改善した。新規出店に係るコストの適正化・条件の改善を図ることにより、安定的に利益を確保した。その結果、売上高、営業利益、経常利益の増加、四半期純利益の黒字化を達成した。

出退店の状況は、短期契約である催事店舗も含めて、直営店が「HAPiNS」ブランドで11店舗、FC店舗が「HAPiNS」ブランドで4店舗出店し、直営店で1店舗退店、直営店で2店舗改装を実施した。当第1四半期累計期間の店舗数(短期契約を含む)は、直営店が157店舗、FC店舗が16店舗の計173店舗となった。今期は50店舗の新規出店を計画している。

2019年3月通期の業績予想は、売上高は前期比31.0%増の115.00億円、営業利益は同297.1%増の6.00億円、経常利益は同315.4%の5.30億円、当期純利益は3.80億円とする期初計画を据え置いている。


《SF》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年8月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。