[注目トピックス 日本株]ジェネレーションパス---3Qは売上高が9.1%増、ECマーケティング事業が増収

*19:25JST ジェネレーションパス---3Qは売上高が9.1%増、ECマーケティング事業が増収
ジェネレーションパス<3195>は13日、2018年10月期第3四半期(17年11月-18年7月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比9.1%増の63.56億円、営業損失が0.22億円(前年同期は0.73億円の利益)、経常損失が0.19億円(同0.87億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純損失が0.30億円(同0.56億円の利益)となった。

ECマーケティング事業は、収益の基盤となる各種システムの強化を進めるとともに、高騰した宅配料金への対応策として、物流拠点の多角化や宅配料金の一部商品への転嫁等に注力したが、転嫁した商品は、当初見込み通りの売上高の達成には至らなかったものの、ECマーケティング事業の売上高は51.21億円(前年同期比6.1%増)となった。

商品企画関連事業は、納期遅延等の状況が解消されつつあり、売上高は順調に回復基調となっている。

アクトグループ事業は、ダニアレルギー対策用の寝具を中心とした寝具・インテリア製品の企画・製造・販売をする事業を行っているが、海外取引案件で取引開始時期に遅れが発生する等の影響により、想定していた売上高には至らなかった。

2018年10月通期の業績予想については、売上高が前期比31.0%増の100.00億円、営業利益が同852.6%増の1.50億円、経常利益が同352.5%増の1.50億円、親会社株主に帰属する当期純利益が0.80億円とする期初計画を据え置いている。


《SF》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年9月18日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。