[注目トピックス 日本株]カドカワ Research Memo(2):出版とWebサービス事業、映像・ゲーム事業を展開する総合メディア企業

*15:02JST カドカワ Research Memo(2):出版とWebサービス事業、映像・ゲーム事業を展開する総合メディア企業
■事業概要

カドカワ<9468>は出版事業を展開するKADOKAWAと日本最大級の動画サービス「niconico」を運営するドワンゴが2014年10月に経営統合して設立した持株会社となる。事業セグメントは、「niconico」を中心とするWebサービス事業、出版事業、映画・ゲーム事業と、グッズ販売や教育事業などからなるその他事業に区分されている。

2019年3月期第2四半期累計のセグメント別売上構成比は、Webサービス事業13.3%、出版事業53.0%、映像・ゲーム事業22.9%、その他事業10.8%となっている。営業利益構成比ではWebサービス事業とその他事業が先行投資段階で損失計上となっており、出版事業と映像・ゲーム事業でカバーする格好となっている。現在は出版事業が売上高、営業利益ともに過半を占めているが、今後はIP戦略に基づき映像・ゲーム事業のトップラインを伸長させ、収益性向上を図っていくほか、Webサービス事業でもオリジナルゲームや「ギフト」の導入による都度課金収入の拡大により、定額制課金サービスに依存しない収益構造の確立を目指していく方針となっている。

1. Webサービス事業
Webサービス事業は、ポータル事業(ドワンゴの動画サービス「niconico」)を中核ビジネスとして、その広告宣伝の色彩が濃い各種イベントの企画・運営やイベント会場の賃貸等を行うライブ事業、携帯電話向けの音楽配信を行うモバイル事業から成る。

主力のポータル事業では、ニコニコ動画、ニコニコ生放送、ニコニコチャンネルなどの様々なサービスを提供する。売上はニコニコ動画や生放送を快適に視聴できるプレミアム会員収入のほか、Webサイト上のバナーや動画などの広告収入、有料動画などの視聴に利用するポイント収入などから成る。2018年9月末時点におけるID発行数は7,453万人(前期末比231万件増)と増加しているが、プレミアム会員数は194万人(同13万人減)と減少傾向が続いている。2018年7月-9月における利用状況は、非ログイン視聴UU※も含めたベースで見るとMAU(月間アクティブユーザー)で1,942万人、DAU(1日当たりアクティブユーザー)で319万人となっており、前四半期比ではMAUが118万人、DAUが3万人それぞれ増加した。ちなみに、前年同期のログインMAUは910万人、DAUは309万人だったため、非ログインも含めた視聴者数ベースでは増加に転じたことになる。

※2018年2月末より非ログイン視聴を可能とした。


企業・団体・ユーザーが動画や生放送を配信できるプラットフォームである「ニコニコチャンネル」に関しては、全チャンネル数が2018年9月末時点で8,427チャンネル(前期末比245チャンネル増)、月額有料チャンネル数1,361(同56チャンネル増)、月額有料会員数84万人(同16万人増)といずれも増加した。プレミアム会員とニコニコチャンネルの有料会員を合計した数字で見ると、2019年3月期第2四半期末は278万人となっており、前年同期末比ではまだ14万人減となっているが、前四半期ベースでは2万人増と2四半期連続で増加しており、先行きに関して明るい兆しが見え始めている。

また、2018年8月には新しい生放送サービス「nicocas(実験放送)」をリリースし、生放送中にアイテムを贈ることで配信者を支援することができる「ギフト」(投げ銭機能)サービスも新たに導入している。また、「nicocas」アプリ(Android/iOS)では会員でなくても動画や生放送の視聴、配信が可能となっている。2019年3月末を目途に、「nicocas(実験放送)」における双方向機能を「ニコニコ生放送」と統合する計画となっており、「ギフト」サービスの更なる拡大や双方向性サービスの充実を図っていくことで視聴者数を拡大し、有料会員数や都度課金収入を増やしていく戦略となっている。

ライブ事業では、「ニコニコ超会議」※1、「闘会議」※2、「アニメロサマーライブ」、「ニコニコ超パーティー」※3などのライブイベントの企画・運営を手掛けるほか、「ネットとリアルの融合」を実現した新しいエンタテインメントの形を創出するライブハウス「ニコファーレ」の運営、2014年10月にリニューアル、グランドオープンした「niconico」のアンテナショップ「ニコニコ本社」(池袋)※4で期間限定コラボカフェやゲーム実況イベントなどの運営も行っている。

※1 「ニコニコのすべてを地上で再現する」をコンセプトに幕張メッセで行われるニコニコ最大のイベント。参加するユーザーが「全員主役」となり、ネットとリアルが融合した様々な企画を展開する。2018年4月29日、30日に開催された「ニコニコ超会議2018」では、来場者数約16.1万人、ネット総来場者数約612万人を記録した。
※2 デジタルからアナログまで古今東西のゲームが集まる、日本最大級の“ユーザー参加型”ゲームイベント。2018年2月10日、11日に幕張メッセで開催された「闘会議2018」では会場来場者数約7.2万人、ネット総来場者数約513万人を記録し、日本のゲーム市場拡大に貢献している。また、今回開催されたeスポーツ大会の結果、ジャパン・eスポーツ・プロライセンスを新たに15人に発行するなどeスポーツ市場の発展に向けた取り組みも推進している。
※3 日本最大級の動画サービス「niconico」の大規模ステージイベントで、niconico内の「歌ってみた」、「踊ってみた」ジャンルなどで活躍するユーザーや、有名アーティストが一堂に会し行われるniconico最大のライブイベント。開催7回目の2018年は11月3日にさいたまスーパーアリーナで開催され、約1.5万人が来場した。
※4 「niconico」のアンテナショップで、nicocafe、イベントスペース、ニコぶくろスタジオ、ニコニコショップのある複合施設。2011年4月に原宿でグランドオープンし、池袋に移転・リニューアルした。


音楽配信事業は音楽関連の市場全体の環境変化により会員数が減少傾向にあるものの、依然として利益率の高いビジネスの1つであり、「シングル楽曲/着うた®」などの配信を行う「ドワンゴジェイピー」やデジタルコンテンツ配信サイト「animelo mix」の運営を行っている。

2. 出版事業
KADOKAWAの主力事業で、紙媒体の単行本、文庫、ライトノベル、コミックスなどの書籍のほか、電子書籍の出版・販売等を行う。加えて、「ザテレビジョン」、「Walkerシリーズ」、「ファミ通」、「レタスクラブ」など雑誌やムック誌のほか、カスタムメディア、雑誌及びWeb広告の販売などを手掛けている。

紙媒体の書籍販売はメディアミックスによる作品展開で数多くの実績があるほか、ライトノベルは業界トップの地位を確立している。長年にわたりマーケティングに基づいた製作・出荷の適正化に取り組んでおり、2018年3月期の書籍返品率は30%台前半の水準で、業界平均(30%台後半)を下回る水準となっている。

一方、電子書籍では直営の電子書籍配信プラットフォーム「BOOK☆WALKER」にて自社、他社の作品を販売しているほか、Amazonや楽天など他社の電子書籍ストアでの外販を行っている。また、電子雑誌ではNTTドコモ<9437>と協業し、雑誌読み放題サービス「dマガジン」を展開している。ドワンゴが運営していた「ニコニコ漫画」「ニコニコ書籍」「読書メーター」は、「BOOK☆WALKER」を運営する(株)ブックウォーカーの下に一体化され、グループ全体による電子書籍・電子雑誌事業の強化が図られている。

なお、雑誌・ムック誌に関しては、デジタル化の進展に伴って収益源となる紙媒体の広告収入の減少が続いており、厳しい収益状況となっている。このため、合理化を行うと同時に紙媒体からデジタルメディアへの移行に積極的に取り組んでいる。

3. 映像・ゲーム事業
映像事業では、パッケージソフト販売や映画の企画・製作・配給、アニメの海外版権販売、映像配信などを手掛けているほか、(株)角川大映スタジオ、グロービジョン(株)がスタジオ事業を展開している。出版事業や映像・ゲーム事業から生み出されるグループIPの映像化、実写映画及びアニメ作品の製作配給に注力している。

ゲーム事業では、(株)KADOKAWA、(株)ドワンゴ、(株)フロム・ソフトウェア、(株)スパイク・チュンソフト、(株)角川ゲームス、(株)MAGES.(メージス)、がパッケージゲームソフト及びネットワークゲーム、アプリゲームの企画・開発・販売を行っている。ヒットタイトルには「DARK SOULS」「Bloodborne」(フロム・ソフトウェア)、「GOD WARS」(角川ゲームス)、「喧嘩番長」「ダンガンロンパ」「ARK:Survival Evolved」(スパイク・チュンソフト)、「STEINS;GATE」(MAGES.)などがある。

4. その他事業
その他事業は、キャラクター商品やアイドルCDのeコマース、アニメや「niconico」から生まれたコンテンツのCD販売や著作権利用事業に加えて、クリエイティブ分野で活躍する人材を国内外で育成するスクール「バンタン」、「KADOKAWA Contents Academy」の運営のほか、高校卒業資格をオンラインで取得できる「N高等学校」といった教育事業、インバウンド事業の企画・運営等で構成されている。2018年6月には、インバウンド事業推進の一環として、KADOKAWA初となるレストラン「INUA」(イヌア)※を飯田橋に開業した。

※デンマーク・コペンハーゲンの有名なレストラン「noma」(ノーマ)のヘッドシェフ レネ・レゼピ氏と(株)KADOKAWAがパートナーシップを結び、noma で活躍したトーマス・フレベル氏をヘッドシェフとして迎えて2018年6月29日に開業したレストラン。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)


《RF》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2018年12月12日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。