[注目トピックス 日本株]オプティム---19年3月期は2ケタ増収、各サービスのライセンス数が増加

*12:56JST オプティム---19年3月期は2ケタ増収、各サービスのライセンス数が増加
オプティム<3694>は15日、2019年3月期決算を発表した。売上高が前期比29.9%増の54.68億円、営業利益が同76.0%減の0.96億円、経常利益が同64.1%減の1.45億円、当期純利益が同97.5減の0.11億円となった。

IoTプラットフォームサービスについて、主力「Optimal Biz」は、引き続きライセンス数を伸ばしており、売上の伸びの大きな要因の一つとなっている。「OPTiM Cloud IoT OS」関連においては、AI画像解析技術で各業界特有の課題解決を実現するパッケージサービス「OPTiM AI Camera」ならびに、定量データ解析サービス「OPTiM AI Prediction」を発表しており、「OPTiM AI Camera」は、来期以降へ向けたライセンスの積み上げにつながっている。AI・IoT・Robotを活用した農業分野においては、「スマート農業アライアンス」の活動が順調に進んでおり、参加団体数が1,000団体を超えた。さらに同社が特許を保有する「ピンポイント農薬散布テクノロジー」を用いて生産された作物を、同社運営のWebサイト「スマートアグリフーズ直送便」等で販売も開始している。医療分野は、佐賀大学と共同で取り組んでいる「メディカル・イノベーションプロジェクト」において、眼底画像を用いた人工知能による緑内障の診断支援システムの臨床研究を医療法人YT美川眼科医院にて実施している。

リモートマネジメントサービスは、遠隔作業支援から作業管理まで行う「Smart Field」の拡販に引き続き注力し、遠隔作業支援「Remote Action」、「Optimal Second Sight」も順調にライセンス数を伸ばしている。医療分野は、AI・IoTを活用した在宅医療支援サービス「Smart Home Medical Care」が全国の医療機関向けに提供が開始されている。

サポートサービスはパソコン市場の成長性が鈍化しており、売上高は減少傾向にある。しかし、MVNO市場においても自動化やサポート効率化のニーズは強いため、引き続きサービスの拡大を進めていくとしている。

その他サービスでは、「パソコンソフト使い放題」、「ビジネスソフト使い放題(パソコンソフト使い放題の法人向けサービス)」ともに、既存の販売パートナーでの販売が堅調に進んでいる。人気雑誌読み放題サービス「タブホ」は、提供雑誌数が900誌3,000冊以上へと拡大した。

2020年3月通期の業績予想については、売上高が前期比20.0%増の65.63億円、営業利益が同99.0%減の0.01億円~同1,260.7%増の13.13億円、経常利益が同99.3%減の0.01億円~同802.2%増の13.13億円、当期純利益が94.5%減の0億円~同7,115.5%増の8.14億円を見込んでいる。


《SF》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年5月16日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。