[注目トピックス 日本株]今週のマーケット展望「米利下げ観測は先走り過ぎ」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(高井ひろえ)

*09:36JST 今週のマーケット展望「米利下げ観測は先走り過ぎ」~マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆氏(高井ひろえ)
こんにちは、フィスコマーケットレポーター高井ひろえの「マネックス証券の気になるレポート」です。6月8日-9日、20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議が福岡市で開かれましたね。6月下旬には大阪でG20サミットが開かれます。引き続き注視してまいりましょう。さて、マネックス証券の「メールマガジン新潮流」が、6月10日に配信されました。そのなかから今回は、同証券のチーフ・ストラテジスト、広木隆氏のレポート「今週のマーケット展望」の内容をご紹介いたします。

まず広木さんは、先週の日経平均について『令和になって初めて週ベースで上昇した』と伝えており、『このまま悪い流れを断ち切って2万1000円の大台を固めることができるかが今週の焦点だ』と指摘しています。『関門は2つある』として、ひとつは『2万1100円台に下降してきている25日移動平均に頭を抑えられることなく抜けていけるか』、もうひとつは『週末に控えたメジャーSQを波乱なく通過できるか』であり、『どちらに関しても、薄商いのなか先物主導の展開が続いているだけに、出来高の盛り上がりが鍵となろう』と分析しています。

週明けの東京市場については『堅調に始まりそうだ』との見解で、『米国がメキシコへの関税発動を見送ったことに加え、雇用統計でNFPが下振れしたことで一段と利下げ期待が高まり、NYの

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年6月10日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。