[注目トピックス 日本株]ディーエムソリュ Research Memo(10):14期連続増収、過去最高益達成

*15:50JST ディーエムソリュ Research Memo(10):14期連続増収、過去最高益達成
■業績動向

1. 2019年3月期の業績動向
ディーエムソリューションズ<6549>の2019年3月期の連結業績は、売上高12,178百万円、営業利益291百万円、経常利益289百万円、親会社株主に帰属する当期純利益191百万円となった。2019年3月期に限り、3月に子会社化したセンターリーズ(株)の影響で連結決算となったが、2019年6月に同子会社を吸収合併し、再び個別決算に戻るため、実質的に年度比較は可能と考える。これによる業績の増減率は、売上高16.7%増、営業利益70.2%増、経常利益73.1%増、親会社株主に帰属する当期純利益74.0%増となり、売上高で14期連続増収、利益では過去最高益を達成したということになり、非常に業績好調だったと言うことができる。

米中貿易摩擦問題などにより海外経済は不確実だが、国内景気は雇用・所得環境の改善などにより緩やかな回復基調が続いている。そのような状況のなか、ダイレクトメール市場は取引高が前期比微減、インターネット広告市場は前期比約12%の伸び※を示しており、今後も同様の傾向が継続するものと推測されている。このような事業環境のなか、同社は営業力や提供サービスの強化を進めたことで、ダイレクトメール事業が継続して拡大、前期低迷したインターネット事業も大きく回復することになった。こうした増収効果により、人員増や機械化・拠点拡張の費用増、及び2件のM&Aをこなし大幅増益を達成した。

※経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」(2019年2月分確報値)より、「折込み・ダイレクトメール」及び「インターネット広告」の2019年1月−2月売上高及び前年同期売上高を用いて同社が算出。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)


《SF》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年6月24日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら