[注目トピックス 日本株]新興市場銘柄ダイジェスト:テーオーHDはストップ安、メディシノバが急騰

*15:58JST 新興市場銘柄ダイジェスト:テーオーHDはストップ安、メディシノバが急騰
<9812> テーオーHD 531 -100
ストップ安。19年の株主優待制度を中止すると発表している。業績の低迷が続いており、財務体質を強化することが株主の長期的な利益につながると考えたとしている。これまでは11月末現在の株主を対象に北海道道南産の名物を贈呈していた。20年以降の株主優待制度については未定としている。



<9478> SE H&I 204 -2
年初来高値更新後マイナス転換。20年3月期第2四半期累計の営業利益を従来予想の1.10億円から2.37億円(前年同期実績1.67億円)に上方修正。出版事業で書籍の店頭・オンライン販売、Webメディア・イベント及び電子書籍などが好調に推移したため。教育・人材事業も計画を上回る見込み。株価は一時7月30日につけた年初来高値213円を更新したものの、その後は利益確定売りの動きがみられた。



<4875> メディシノバ 873 +90
急騰。SMBC日興証券が新規にレーティング「1」、目標株価2200円でカバレッジを開始し、買い材料視された。同証券は「筆頭パイプラインであるMN-166の進行型多発性硬化症と筋萎縮性側索硬化症を対象にした探索的試験での有効性・安全性データはそれぞれ有望」と指摘。19年度内に中枢神経系領域での商業化権利の導出契約が締結されれば、「MN-166上市への期待感がますます高まっていく」と評価している。



<3490> アズ企画設計 1327 +42
大幅に3日ぶり反発。東京都台東区で民泊事業を開始すると発表。外国人観光客のニーズに応えるため、賃貸マンションを民泊施設として活用する。総戸数は20戸で、事業開始は11月中旬の予定。また、関東信越国局から消費税等の更正処分及び加算税の賦課決定処分を受けたことを明らかにしている。その結果、これまでの同局の見解による会計・税務処理を採用する場合に比べ、納付すべき消費税等の額が減少するという。



<4440> ヴィッツ 2000 +75
大幅に5日ぶり反発。自動運転やスマートホームなどの人工知能を活用したシステムを安全に設計するための解説書「人工知能搭載システムの安全設計ガイドライン」(SEAMSガイドライン)の販売を開始したと発表している。人工知能搭載システムの安全性を確保し、同時に国際安全規格に適合するための設計方法を提案しているという。今後、同社は人工知能などを活用する自律システムの製品分野にサービス対象を拡大していく。



<8909> シノケンG 1125 +13
大幅に6日続伸。100%子会社のシノケンアセットマネジメントが不動産投資信託(REIT)の組成・運営に必要となる取引一任代理等の認可を取得したと発表している。今後は速やかに投資運用業の登録を済ませ、東京23区に所在する賃貸住宅不動産を主な投資対象としたREITを組成する予定。その後、東証への上場に向けて準備を進めるとしている。
《ST》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る 2019年10月21日の経済記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら