[注目トピックス 日本株]カドカワ Research Memo(1):2023年3月期に売上高2,400億円、営業利益150億円を目指す

       
*15:31JST カドカワ Research Memo(1):2023年3月期に売上高2,400億円、営業利益150億円を目指す
■要約

KADOKAWAは、出版事業、映像・ゲーム事業、Webサービス事業等をグローバルに展開する総合メディア企業で、日本最大級の動画サービス「niconico」を運営する(株)ドワンゴや電子書籍ストアの運営等を行う(株)ブックウォーカー、ゲーム開発会社の(株)フロム・ソフトウェア、(株)スパイク・チュンソフトなどを傘下に持つ事業持株会社である。

1. 2020年3月期第2四半期累計業績の概要
2020年3月期第2四半期累計(2019年4月-9月)の連結業績は、売上高が前年同期比1.7%減の100,439百万円と微減収となったものの、営業利益は同123.1%増の6,389百万円と大幅増益となった。前期に事業構造改革を実施したドワンゴの損益が大きく改善したことに加え、アニメの海外権利許諾収入やゲーム事業、電子書籍・電子雑誌の販売が好調に推移したことが要因だ。ゲーム事業では、2019年3月に世界同時発売したアクションアドベンチャーゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(以下、SEKIRO)」が9月末時点で累計出荷400万本を超える大ヒットを記録し収益に貢献している。

2. 2020年3月期業績見通し
2020年3月期は売上高で前期比0.8%減の207,000百万円、営業利益で同269.3%増の10,000百万円と期初計画(売上高217,000百万円、営業利益5,400百万円)を修正した。売上高は2019年7月に連結子会社の(株)MAGES.(メージス)を売却したこと等により、期初計画を100億円下回るものの、営業利益はドワンゴの収益回復が想定を上回るペースで推移していることや、電子書籍・アニメ・ゲーム事業の好調、全社的なコスト改善効果が寄与する。営業利益についてはドワンゴと経営統合した2015年3月期以降で過去最高を更新することになる。下期の営業利益が上期比で減少する計画となっているが、これはWebサービス事業の売上拡大に向けたプロモーション等を強化するほか、出版事業、映像・ゲーム事業の計画を保守的に見ていることが要因となっている。ただ、通期計画に対する営業利益の進捗率は第2四半期で63.9%に達していることから、さらに上振れする可能性もありそうだ。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。