[注目トピックス 日本株]カドカワ Research Memo(4):Webサービス事業、映像・ゲーム事業が大幅増益に

       
*15:34JST カドカワ Research Memo(4):Webサービス事業、映像・ゲーム事業が大幅増益に
■KADOKAWAの業績動向

2. 事業セグメント別動向
(1) 出版事業
出版事業の売上高は前年同期比2.0%増の56,204百万円、営業利益は同10.1%増の3,308百万円となった。電子書籍・電子雑誌の販売が好調に推移したことが主因だ。市場動向を徹底注視した販売施策が奏効しており、同事業セグメントに占める売上構成比も前年同期の2割強から3割弱まで上昇した。

書籍事業では、コミックスで「ダンジョン飯」、ライトノベルで「魔法科高校の劣等生」、一般文庫で「天気の子」、一般書で「世界一美味しい手抜きごはん 最速!やる気のいらない100レシピ」等の販売が好調に推移した。また、雑誌事業については、Webメディアへの移行等ビジネスモデルの転換が順調に進んでおり、返品率の改善やWebメディアの広告収入が増加している。

(2) 映像・ゲーム事業
映像・ゲーム事業の売上高は前年同期比0.8%減の23,620百万円、営業利益は同44.1%増の3,648百万円となった。MAGES.の売却による影響を除けば実質増収だったと見られる。映像事業は北米・中国を中心としてアニメ「オーバーロード3」「異世界チート魔術師」「盾の勇者の成り上がり」等の海外権利許諾が好調に推移した。一方、ゲーム事業は2019年3月22日に世界同時発売となった「SEKIRO」が9月までに累計出荷本数400万本を超える大ヒット(発売後10日間で200万本)となり、収益に大きく貢献した。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。