[注目トピックス 日本株]カドカワ Research Memo(6):2020年3月期業績で利益予想を上方修正

       
*15:36JST カドカワ Research Memo(6):2020年3月期業績で利益予想を上方修正
■今後の見通し

1. 2020年3月期の業績見通し
KADOKAWAの2020年3月期の連結業績は、売上高が前期比0.8%減の207,000百万円、営業利益が同269.3%増の10,000百万円、経常利益が同156.8%増の10,800百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が9,500百万円(前期は4,085百万円の損失)と期初会社計画のうち、売上高を除いて上方修正し、ドワンゴと統合した2015年3月期以降では営業利益、経常利益で4期ぶりに最高益を更新する見通しだ。売上高はMAGES.の売却で数十億円の減収要因(映像・ゲーム事業とその他事業でおよそ半々)となるが、利益面では電子書籍、アニメ・ゲーム事業による収益貢献、ドワンゴの事業構造改革によるコスト削減効果が主な増益要因となる。

事業セグメント別で見ると、増益要因の過半はWebサービス事業の損益改善によるものとなっており、映像・ゲーム事業の増益やその他事業の損失縮小、また、全社的なコスト削減に取り組むことが増益要因となっている。期初計画比での収益要因について見ても、Webサービス事業の損益改善効果が最も大きく、全社共通費用の削減効果や出版事業の増益が続く。なお、全社共通費用については持株会社であったカドカワ(株)を同社に統合したことにより、売上規模に応じて、出版事業を中心に、各事業セグメントに合計10億円程度配分されている点には留意する必要がある。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

国内ニュース

国内ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月6日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。