[注目トピックス 日本株]日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ファーストリテと第一三共の2銘柄で約43円分押し上げ

*16:59JST 日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反発、ファーストリテと第一三共の2銘柄で約43円分押し上げ
16日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり93銘柄、値下がり127銘柄、変わらず5銘柄となった。

日経平均は小幅に反発。前日の米国市場では、10-12月期決算を前に上値こそ重かったものの、米中貿易交渉での第一段階目の合意署名を無難に通過したことで、主要3指数は揃って上昇。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円高の23935円となるなか、ドル円相場も前日から円安基調を維持しており、本日の日経平均には買いが先行した。ただ、新規の材料難から、節目の24000円を前に上値は重かった。

大引けの日経平均は前日比16.55円高の23933.13円となった。東証1部の売買高は10億3301万株、売買代金は1兆9376億円だった。

値上がり寄与トップはファーストリテとなり1銘柄で日経平均を約32円押し上げた。同2位は第一三共となり、ダイキン、中外製薬、塩野義薬、スズキなどが続いた。本日は医薬品株の一角が堅調な展開に。また日経平均構成銘柄の上昇率トップは第一三共で4.3%高、同2位はSUBARUで、前日の引け後に発表した2020年の生産・販売計画を評価する動きが優勢となり2.6%高となった。

一方、値下がり寄与トップはソフトバンクGとなり1銘柄で日経平均を約23円押し下げた。同2位は

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュース

次に読みたい関連記事「日経平均株価」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年1月16日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。