[注目トピックス 日本株]日本コンピュータ・ダイナミクス---3Q増収、パーキングシステム事業が順調に推移

*18:16JST 日本コンピュータ・ダイナミクス---3Q増収、パーキングシステム事業が順調に推移
日本コンピュータ・ダイナミクスは3日、2020年3月期第3四半期(19年4月-12月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比6.3%増の131.70億円、営業利益が同35.5%減の5.26億円、経常利益が同35.9%減の5.45億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同27.6%減の4.16億円となった。

システム開発事業の売上高は前年同期比8.5%増の49.23億円、営業利益は同5.0%減の5.06億円となった。生損保案件を中心とした受注獲得が引き続き順調に推移した。利益面においては、人的投資や業務プロセス改善の効果が現れた。

サポート&サービス事業の売上高は前年同期比2.9%減の33.88億円、営業利益は同62.8%減の1.19億円となった。第1四半期に低採算に陥った新規顧客案件は回復したが、その時期が想定より遅れている。

パーキングシステム事業の売上高は前年同期比10.6%増の48.10億円、営業利益は同1.1%増の6.73億円となった。新規案件受注獲得に加え、駐輪機器の入替需要もあり、順調に推移している。また、駐輪場利用料収入も引き続き堅調である。

2020年3月通期については、同日、業績予想の修正を発表した。売上高が前期比5.8%増の180.00億円、営業利益が同13.9%減(前回予想比10.0%減)の9.00億円、経常利益が同15.5%減(同8.0%減)の9.20億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同8.1%増(同2.2%減)の6.65億円としている。





《ST》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年2月4日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。