[注目トピックス 日本株]トレードワークス Research Memo(5):戦略投資を継続しつつ、2020年12月期業績は2ケタ増収増益を目指す

*15:15JST トレードワークス Research Memo(5):戦略投資を継続しつつ、2020年12月期業績は2ケタ増収増益を目指す
■今後の見通し

1. 2020年12月期の業績見通し
トレードワークスの2020年12月期は売上高で前期比16.3%増の2,313百万円、営業利益で同15.6%増の144百万円、経常利益で同14.4%増の144百万円、当期純利益で同11.9%増の100百万円と2期ぶりの増収増益を見込む。2020年12月期における重点テーマとして、1)既存・新規案件ともに計画に沿った収益の確保・拡大に取り組むこと、2)収益モデル転換に向けたデータセンター等のインフラ投資継続、3)2019年12月期より開始した新ビジネスの収益化及び新ビジネスの開発、新領域への進出、を掲げている。

売上高に関してはすべての事業において、顧客数を拡大し増収を見込んでいる。主力の金融ソリューション事業では2019年12月期からの期ずれ案件が第1四半期に計上されるほか、既存顧客からの継続受注が入る見込みとなっている。また、新規顧客の開拓についても1社、下期に売上貢献する見通しだ。ストック収入の売上比率も前期の4割弱から5割強まで上昇する見込みで、収益の安定性も一段と向上することが予想される。

FXシステム事業では、評価の高い「TRAdING STUDIO/高機能チャート及び取引注文機能付きフロントシステム」の新規顧客開拓に注力し、堅実な成長を見込んでいる。また、セキュリティ診断事業においては、「SecuAlive」のリニューアル中に離れた顧客を再度取り込むべく営業活動を強化していく。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年4月2日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。