[注目トピックス 日本株]ネクスグループ---ネクスコイン(NCXC)のプロトコルを「Counterparty」から「Ethereum」へ移管

*17:20JST ネクスグループ---ネクスコイン(NCXC)のプロトコルを「Counterparty」から「Ethereum」へ移管
ネクスグループは13日、2017年2月に発行したネクスコイン(NCXC)のプロトコルを「Counterparty」から「Ethereum」へ移管する決定をしたことを発表。これに伴い、NCXCは、「Counterpartyトークン」から「Ethereum」の「ERC20準拠トークン」へと変換される。ユーザーの利便性向上を考慮。

移行決定理由は、Ethereumの送金速度、Ethereum周辺の開発インフラやサードパーティウォレットの充実性、Counterpartyの開発状況や使用状況である。Counterpartyの活発な開発コミュニティは確認できず、Counterpartyを利用する肯定的な側面は小さくなっている。

Ethereumは新しく実験的なプロトコルであるが、ERC20のような比較的単純なコントラクトがアップデートによって深刻な影響を受ける可能性は少ないと予想される。2020年以降の大型のアップデートによる一時的なブロックチェーンの不安定化や交換所での入出金の停止などの事態が発生する可能性はあるが、「ERC20準拠トークン」利用者の不利益になる内容ではないと認識している。

移行後のEthereum上の情報では、NCXCの発行上限は20,000,000.00、発行日は、6月12日である。発行アドレスは未定である。

今回の決定は、トークン発行等のために用いるプラットフォームを変更すること以外に大きな変更点はない。各トークンの発行数や交換所での売買可否についての変更はない。変換するための対応は、フィスコ仮想通貨取引所(FCCE)が運営しているZaif Exchangeに委託。今後の案内は、FCCEからZaif Exchangeを通じて開示される。



《SF》

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月14日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。