[注目トピックス 日本株]USENNEX Research Memo(7):主力事業はすべて2ケタ増益(2)

*15:07JST USENNEX Research Memo(7):主力事業はすべて2ケタ増益(2)
■業績動向

(4) 成長市場を上回る伸びのコンテンツ配信事業
コンテンツ配信事業の売上高は20,598百万円(前年同期比30.9%増)、営業利益は329百万円(同3,190.0%)となった。USEN-NEXT HOLDINGSは、ユーザーエクスペリエンスの改良、コンテンツの拡充、マーケットの開拓を進めているが、2019年12月に契約者200万人達成という目標へ向けて全国テレビCMを放映した。これによる認知度向上もあって契約者数は30%以上増加したもようである。また、東芝「レグザ」とハイセンス「S6E」のリモコンに「U-NEXTボタン」を搭載、Googleのスマートスピーカーやスマートディスプレイでも「U-NEXT」を使用できるよう利便性向上に注力した。国内の動画配信サービスとして初めて、ハリウッドメジャースタジオ作品を「4K UHD」「Dolby Vision®」「Dolby Atmos®」で配信するなど画質や音質の向上にも注力した。

スマートフォンの普及や時間を効率的に使えるVODへのニーズの高まりなどを受け、動画配信市場が拡大を続けており、2019年も20%を超える伸びになったと言われている。こうした需要をけん引しているのがAmazonプライムビデオとNetflixの海外大手2社。これに対して国内勢は劣勢に立たされていると言われるが、品ぞろえなどで優位性のある同社は例外的に好調を続けている。上位集中と多様化が進行する動画配信サービス市場において、品ぞろえを拡充するという同社の基本施策と視聴者の利便性向上への注力が売上好調の要因になったと思われる。なお、動画定額配信とは別に、2020年1月に、ユーザーからの問い合わせに対してAIを用いて高品質な会話で適切な回答を自動応答する、チャットボットサービス「AIコンシェルジュforチャットボット」の提供を開始した。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュース

次に読みたい関連記事「ソニー」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱重工業」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月19日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。