[注目トピックス 日本株]SI Research Memo(7):「守り」の経営で2021年2月期も増収増益を見込む

*15:07JST SI Research Memo(7):「守り」の経営で2021年2月期も増収増益を見込む
■今後の見通し

1. 2021年2月期業績の見通し
システムインテグレータは2021年2月期の業績見通しについて、新型コロナウイルス感染症拡大による影響を鑑みてレンジ形式で発表している。売上高は前期比4.3~9.8%増の4,750~5,000百万円、営業利益は同2.8~13.3%増の680~750百万円、経常利益は同2.8~13.3%増の683~753百万円、当期純利益は同4.0~14.5%増の477~525百万円を見込んでいる。

新型コロナウイルス感染症拡大の直接の影響については小さく、足元の需要は堅調に推移しているが、リーマンショックを超える景気の減退を想定し、従来の「攻め」の経営から「守り」の経営にスタンスを切り替え、人材採用や開発費等を抑制した計画となっている。人員については前期に29名増員したが、今期は15~20名程度の増員に抑える方針だ。研究開発費も同様に前期の47百万円から抑制する。また、2021年春を目途にベトナムに開発拠点を開設する予定であったが、こちらも2022年以降に先送りする。人件費については増加するものの、市場環境がさらに悪化した場合でもその他の経費を抑制していくことで増収増益を目指す方針だ。なお、レンジの上限については中期経営計画「Break2018」で掲げた業績目標値(売上高5,200百万円、経常利益753百万円)とほぼ同水準となる。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年5月22日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。