[注目トピックス 日本株]ハマキョウ Research Memo(2):2020年3月期連結決算は増収増益となり、いずれも創業来最高を更新

*15:17JST ハマキョウ Research Memo(2):2020年3月期連結決算は増収増益となり、いずれも創業来最高を更新
■業績動向

1. 2020年3月期連結決算
2020年5月11日に発表したハマキョウレックスの2020年3月期連結決算は、営業収益で前期比5.7%増の122,471百万円、営業利益で同2.8%増の10,190百万円、経常利益で同2.5%増の10,618百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同5.6%増の6,233百万円と増収増益となり、いずれも前期に続いて創業来最高を更新した。

増収の背景にあるのは、物流センター事業で新規のセンターが増加したほか、2018年12月に(株)HMKロジサービス、2019年12月に(株)シティーラインを子会社化するなどM&Aの効果がある。

物流センター事業は2019年3月期末時点で115センターだったものが2020年3月期末時点で117センターまで増加。営業収益にも順次寄与した。同事業は、前期比11.6%増の68,595百万円と2ケタ増収を確保。セグメント利益も同14.6%増の7,534百万円と増益となっている。一方、貨物自動車運送事業は、営業収益が前期比1.1%減の53,876百万円、セグメント利益が同20.4%減の2,648百万円と減収減益を余儀なくされた。子会社の決算期変更の影響といったテクニカル的な要因はありながら、それを差し引いても物量減少等の影響でマイナスになった。運賃値上げの交渉やM&Aの効果があったものの、傭車などの外注費がかさんだことも響いた。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月3日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。