[注目トピックス 日本株]ベルシス24 Research Memo(1):前中期経営計画をおおむね達成し、次期中期経営計画で更なる成長を目指す

       
*15:11JST ベルシス24 Research Memo(1):前中期経営計画をおおむね達成し、次期中期経営計画で更なる成長を目指す
■要約

1. 全国に事業展開するコールセンター大手、伊藤忠商事、凸版印刷と資本業務提携
ベルシステム24ホールディングスは国内コールセンター大手で、傘下に子会社4社を持ち、CRM(Customer Relationship Management:顧客管理)を主たる事業として全国で事業を展開している。2020年2月末現在、全国36拠点、自社保有席数約17,000席、国内最大規模のコンタクトセンタークラウド基盤(複数の拠点を1つの仮想コールセンターに統合。先端のクラウドテクノロジーを利用し、高信頼性とコストメリットを両立させた、クラウド型のコールセンターシステム)を擁する。伊藤忠商事、凸版印刷との資本業務提携を最大限に活用して、企業価値の更なる向上を目指している。

2. 2020年2月期は増収増益、売上収益は4期連続で過去最高を更新
2020年2月期の連結業績は、売上収益1,266億円(前年同期比4.6%増)、営業利益111億円(同29.4%増)の増収増益決算となった。キャッシュレス関連案件の好調や凸版印刷とのシナジーによるスポット業務の継続的な受注など、CRM事業の着実な成長により、増収増益となり、4期連続で売上収益の過去最高を更新した。また、増収効果に加えて、前期に発生した医薬関連事業再編に伴う損失の反動もあり、営業利益段階では大幅な増益を記録した。売上収益、営業利益は通期予想をやや下回ったものの、営業利益率は8.8%と、2017年2月期の7.5%から1.3pt改善し、収益性は着実に改善している。1株当たり配当金は期初予想どおり、前期比6.0円増の42.0円とする。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「伊藤忠商事 + 株価」のおすすめ記事

「伊藤忠商事 + 株価」のおすすめ記事をもっと見る

「伊藤忠商事 + 決算」のおすすめ記事

「伊藤忠商事 + 決算」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「三菱商事」のニュース

次に読みたい関連記事「三菱商事」のニュースをもっと見る

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月8日の経済記事

キーワード一覧

  1. 伊藤忠商事 株価
  2. 伊藤忠商事 決算

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。