[注目トピックス 日本株]エヌ・シー・エヌ---ポストコロナ時代のライフスタイルを提案する

       
*11:35JST エヌ・シー・エヌ---ポストコロナ時代のライフスタイルを提案する
「日本の家を100%耐震に。」を掲げ独自工法であるSE構法による耐震化を推進しているエヌ・シー・エヌ。同社は2008年から「ロハスデザインアワード」でこれからの家づくり「エコハウス」の啓蒙活動や、2016年に石巻で開催された「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」で、SE構法を活用したステージやイベントブースを提供し、木材を活用した様々な住環境に対する提案を行ってきた。

2019年には、千葉県いすみ市のグランピング施設「いすみフォレストリビング」に、SE構法によるアウトドアデッキを提供。木造住宅の供給を通じ、安全で自然と融和のとれた生活環境の実現としてSDGsのゴールを目指す同社にとっても、「いすみフォレストリビング」の森林資源の活用や地域との協力、自然に生育する森を楽しむというコンセプトは大いに共感するものだった。敷地内に「MUJI HOUSE」の新商品『陽(よう)の家』のモデルハウスも建てられ、見学が可能である。
「『MUJI HOUSE』 の松崎暁社長とお会いしたあたりから、『ライフスタイル』について考えさせられるようになりましたね」と語るのは、田鎖郁男(たくさり いくお)社長だ。田鎖社長自身も「MUJI HOUSE」の専務取締役を務めている。

商社マンとして活躍していた1995年、阪神淡路大震災に遭遇、壊滅的となった木造住宅を目の当たりにした。震災による死者は6400人−。殆どが家の下敷きによる圧死。それが木造住宅の耐震設計をする会社エヌ・シー・エヌ起業のきっかけであった。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年6月17日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。