[注目トピックス 日本株]昭和産 Research Memo(6):新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が第2四半期まで続くと想定

*17:16JST 昭和産 Research Memo(6):新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が第2四半期まで続くと想定
■今後の見通し

1. 2021年3月期の業績予想
昭和産業の2021年3月期業績については、新型コロナウイルス感染症の拡大による影響が第2四半期まで続くと想定しており、売上高46億円、営業利益8億円、経常利益8億円、親会社株主に帰属する当期純利益で6億円程度の下振れ影響を織り込んでいる。これを考慮した2021年3月期業績は、売上高256,000百万円(前期比0.8%増)、営業利益8,400百万円(同4.6%減)、経常利益9,200百万円(同9.4%減)、親会社に帰属する当期純利益6,500百万円(同3.9%減)を計画している。機能性製品の拡販及び油脂製品等の価格改定を継続実施する。また、2021年3月期よりセグメントを変更しており、(1)製粉事業、(2)油脂食品事業、(3)糖質事業、(4)飼料事業、(5)その他に変更している。

2. セグメント別業績予想
(1) 製粉事業
新型コロナウイルスによる影響としては、外食、給食、レジャー施設、土産品等で消費される製品群は大幅に減少する見込みとしており、売上高12億円、営業利益3億円の下振れを想定している。これを含んでの計画として売上高は前期比0.2%増の800億円、営業利益は横ばいの28億円としている。マーケット分析力を生かした「価値提案型営業」の更なる強化のほか、より利益率の高いチャネルに注力し、マーケット分析や各種セミナー開催等の販促活動による更なるNBブランドの拡販を進める。同社はマーケティングや小麦の調達、技術サポートなどを手掛けて大ヒットしたCVS向け高級食パンなど次世代製品の開発力が強みでもある。その他、販売増に合わせた設備増強(小麦粉、プレミックス)等の施策を講じる計画である。

あわせて読みたい

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

経済ニュースアクセスランキング

経済ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2020年7月10日の経済記事

キーワード一覧

このカテゴリーについて

経済、株式、仕事、自動車、金融、消費などビジネスでも役に立つ最新経済情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。