[注目トピックス 日本株]動物高度医療 Research Memo(5):2020年3月期は計画超の増収増益

*15:05JST 動物高度医療 Research Memo(5):2020年3月期は計画超の増収増益
■業績動向

1. 2020年3月期連結業績の概要
日本動物高度医療センターの2020年3月期の連結業績は、売上高が前期比6.6%増の2,734百万円、営業利益が同8.4%増の430百万円、経常利益が同11.4%増の450百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同6.1%増の312百万円だった。

東京病院(2018年1月開業)が開業2年目となったため、伸び率は前期に比べて鈍化したが、計画(売上高2,650百万円、営業利益410百万円、経常利益410百万円、親会社株主に帰属する当期純利益300百万円)を上回る増収増益だった。

売上面では初診件数が期初想定(約4%増)を上回り、これに伴って総診療件数、手術件数も順調に増加した。売上高営業利益率は15.8%で前期比0.3ポイント上昇した。採用費などの販管費が増加したが、増収効果や売上総利益率改善(同0.9ポイント上昇)効果で吸収した。

2. 初診件数は過去最高
売上高の内訳は、同社の二次診療サービス(川崎本院、名古屋病院、東京病院の合計)が前期比約7%増収、子会社キャミックの画像診断サービスが同約4%増収、その他(事業開発)が同約29%増収だった。東京病院が首都圏東部・北部からの紹介受入強化などで大幅伸長し、全体をけん引した。

連携病院数は2019年3月末比6.3%増の3,747施設、全国の小動物診療施設軒数に対する連携病院数の割合は同1.5ポイント上昇して30.9%となった。初診件数は前期比7.4%増の6,476件、総診療件数は同6.2%増の25,307件、手術件数は同9.7%増の1,977件となった。いずれも過去最高となった。
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク