[注目トピックス 日本株]ジェネパ Research Memo(1):2020年10月期第2四半期は増収・大幅増益、過去最高売上高・営業利益を達成

*15:41JST ジェネパ Research Memo(1):2020年10月期第2四半期は増収・大幅増益、過去最高売上高・営業利益を達成
■要約

ジェネレーションパスは、ネット通販サイト「リコメン堂」を運営するマーケティング支援サービス企業である。小売業の業種に分類されているが、同社の基本的なビジネスモデルは、商材メーカーに寄り添って、独自のWebマーケティング手法(EC Platform Optimization:最適化分析システム。以下「EPO」)を活用して拡販支援サービスを行うものである。

事業セグメントは、1)「ECマーケティング事業」(「リコメン堂」及び大手ECモールへの出店による商材の販売、並びにECサイト運営企業に対するEC関連サービス提供)、2)商品企画関連事業(EC市場へ出品する商材の企画支援)、3)その他(システム受託開発、メディア事業など)の3事業領域である。

同社は、2020年6月12日に2020年10月期第2四半期の連結業績を発表した。売上高5,768百万円(前年同期比24.6%増)、営業利益67百万円(同401.9%増)、経常利益56百万円(同194.0%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益23百万円(同466.8%増)であった。前年同期比より大幅増収増益となり、売上高・営業利益ともに第2四半期時点での過去最高を達成した。

増収要因は、既存のECマーケティング事業において、PV数、パートナー企業数、商品数がいずれも堅調な伸びで事業拡大に貢献したことである。特に、2020年3月以降の
編集部おすすめ

当時の記事を読む

Fiscoの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

経済ニュースランキング

経済ランキングをもっと見る
お買いものリンク